海外では、『できちゃった結婚』を、『ショットガンマリッジ』と言うらしい。。。

 

日本で、子供が出来てから結婚することを

できちゃった結婚』とか『授かり婚』等と言ってますが、

海外では、『ショットガンマリッジ』と言うらしいです。

 

 

『ショットガン』って、なんだか物騒だなと思ったら、

そりゃそうだ。

こう呼ぶ理由が、

『自分の娘と(絶対に結婚するように)と

 父親が銃を持って相手の男性を脅す姿を

 想像した結果』こう呼ぶんだそうです。

 

 

銃社会ならではの発想ですよね(;^ω^)

 

 

その国にある物で何か例えるのなら、

日本だと、(切腹婚)とか。。。

『腹をくくれ』、『腹決めろ』的な武士というか

侍的な覚悟で。。。

 

でも、これ自分がそうなったら、

ちょっと複雑な心境だな。。。

 

恋人が、決死の覚悟で結婚を決めて結婚してくれるなんて、

なんだか情けなく感じて泣きたくなる。

 

というか、なんで女ってこういう不利なものがあるんだろう。

 

男って逃げようと思えば逃げれますからね。

産むにしても○○するにしても、

女は現実と向き合わないといけないですからね。

 

男性には女に分からない何かがあるのかもしれませんが、

こういう命という大きなものだとね。。。

不利度が違い過ぎる気がする。。。(・_・;)