『プログラムを書く』ってそういうことだったのか。。。といまさら少しだけ分かったこと。。。

 

10年ちょっと前からIT化が激しく進み、

今後の仕事と言えば、ITか?と思うくらい

どんどんIT系の仕事が増えてきてますね。

 

私は全くの別業種なんですが、

今後、IT化が進んだ時、どうなるんだろう。

将来、私は職を失うんじゃないか?と少し不安になり、

たまたまIT業界で仕事をしていた人と知り合い、

お試しということで会社と合意のうえで

1年ほどお世話になったのですが。。。

 

惨敗でした。

 

もう何をやってるのか理解出来ず、

未経験の初心者用の仕事からの対応だったのですが、

それでも無理でした。

 

どうにか理解し、今後IT業界で仕事が出来るようになりたいと思い、

必死になり、本を買い勉強したのですが、

それでも意味が分からず、分かっている人に聞いても、

『ごめん、質問の意味が分からない。』と言われ。。。

 

『本を読んでも分からないんです。

 今、自分がどこの何を勉強しているのか分からないんです。

 

 今やっていることが、どことどう繋がっているのか分かれば

 理解できると思うんです。

 

 例えば、こういうホームページを作ります。

 ここのボタンを作る時は、これ。

 このページを作る時はこれ。

 

 こういうゲームを作ります。

 キャラクターが動くようにするにはこれ。

 背景はこれ。

 

 というような、『今からこれを作ります。』と

 1度何を作るのか完成されたイメージを教えてもらい、

 それから、これがどう、それがどう、

 今あなたが作るのは、ここの部分です。

 等と教えてもらえば分かるんですけど。。。。』

等と聞くと、

 

『うーん、何を言ってるのか分からない。』と言われ、

何が具体的に伝わっていないのか聞いても返答がなく、

とにかく手探り状態。

 

分からない自分が悪いので、

『なぜ質問の意味を分かってくれないの!?』等と怒るわけにもいかず、

とにかくどうにかしないとと思ったのですが、

必死になればなるほど空回りし、

『私には向いていない。』と断念しました。

 

半年ほど前、ふと『プログラムが組めない人の特徴』という

記事があり読んだら。。。

 

なんと、『これ、私のこと!???』と思うくらい、

私と出来る人のやり取りが書いてあったんです。

 

その記事を書いている方はプログラムをしっかり書ける方のようで、

『プログラムの書き方などを理解していない人から質問を受けることが

 あるけれど、分かっていない人は同じような質問をしてくる。』

と書いていて、その質問が、かつて私がしていた質問と同じ(・_・;)

 

そして、なぜそのような質問をするのか、

そして、プログラムを組める人間が、その質問を理解出来ないのか

等、詳細に説明があったのです。

 

あぁ、そういうことだったのね。。。と素直に理解出来、

さらに、『こう考えればいいんですよ。』と丁寧に書いてあり、

その記事を読んでいた時は、理解度40%ほどだったんですが、

今ふと、もしかして。。。。と思ったのです。

 

例えば、50ページの1冊の本を作ります。となった時、

20ページから30ページが私の担当だった時、

この10ページ分のプログラムを書けばいいだけで、

20ページ用のプログラム、21ページ用のプログラム、

22ページ用のプログラムを書けばいいだけ。

 

過去の私は、20ページと21ページが何か繋がっていて、

プログラムを書くときに、その繋がりを意識しながら書かないとダメで、

等と思っていたのですが、

そうではなく、ページに繋がり等なく、

1つ1つに必要な物を単体で考えてプログラムを書けば良かったのかな

と思ったのです。

 

○○を作りたいという場合、○○のソースコードを書き、

▲を作りたいなら、▲のソースコードを書き、

■なら■のソースコード。。。。

 

あぁ、なんでこのことにもっと早く、

そう!あの研修1年間の時に気がつけなかったんだろう(´;ω;`)ウゥゥ

 

後悔してもしきれませんが、

あの時、もっと理解出来れば、

今頃私はプログラマーになれていたかもしれません。

 

でも、いまさら遅い。

 

10代からプログラムを組める優秀な人たちが

どんどん社会に出てきている今、

歳とった人が採用されることは難しいでしょう。

ましてや、1度もプログラムを組んだことがない人間なんて

それこそ無理でしょう。。。

 

『プログラム用の学校に行ってきたら?』と言われたことがあったのですが、

勉強嫌いな私は、『学校』と聞いただけで嫌で

『はぁ。。。』と適当な返事をしていたのですが、

学校、、、嫌がらずに行っておけばよかったかも。

学校と言っても、半年とかの塾的なものだったので、

そこまで毛嫌いせず行っておけば良かったのかな。。。

 

『もしやってたら』とか『たられば』とか、

考えても意味がないとは言いますが、

ほんとにそうですね。。。

 

でも、まさか、『私にはITの仕事は向いてないので辞めます』

と言ったことを、ここまで後悔する日が来るとは思いませんでした。

 

私は

『私はバカだから、難しいことは理解できるわけがない。

 人の迷惑になる前に去ろう。』と本気で思っているので、

 

(この人、大丈夫か?バカなお前には無理)

(この人何言ってるんだ?めんどくせーなー)的な表情をされたり、

めんどくさそうに話をされると、

 

(私の存在が人を不快にさせてる。

 ここにはいれない。身の程わきまえて去ろう。)

と思ってしまい、必死になり残るという選択を考えることすら出来ないので、

結局、怖くなって逃げてしまうんですよね。。。

 

あの時、もっと自分が強ければとも思うし、

 『バカはバカなりに頑張ろうと必死になってるんです!

 バカにするなーーー!

 絶対に出来るようになってやる!!!!』という

何クソ根性が私にあればいいのですが、

 

『そうですよね、私には無理ですよね。

 ごめんなさい。

 これ以上皆さんにご迷惑をおかけしないうちに去ります。』

になってしまうんです。。。

 

 

変に何クソ根性を持ち、

気の強い攻撃的な性格になる必要もないとは思いますが、

ただ、少しは必死にくらいつくという気持ちが持てるようになりたい。

 

そうそう!

80歳くらいのおばあちゃんがプログラムを書いたとか何とか

ちょっとニュースになっていましたよね。

 

歳を理由に興味のあることを断念するのはダメなのかな。

でも、採用の年齢ってありますからね。。。

 

1番いいのは、自分が今やっていることで

安定した生活が送れるようになることなんですが。。。